MetaEditorヘルプ

ナビゲーター

「ナビゲータ」ウィンドウは、クライアントターミナルの \MQL4 や \MQL5 ディレクトリのフォルダやファイルの操作のためにあります。そこには、MetaQuotes Language によるプログラミングに関する情報が保管されています。「ナビゲータ」ウィンドウの表示/非表示は、ナビゲーターメニュー「表示」⇒、または「標準」ツールバーの「ナビゲータ」コマンド、または「Ctrl+D」を押します。

見た目エクスプローラのようにフォルダやファイルを階層的に表示します。

ナビゲーター

ダブルクリックでフォルダが開き、ファイルをダブルクリックすると開いて編集ができます。

コンテキストメニュー

コンテキストメニューで次のコマンドを使用できます。

コンテキストメニュー

コマンド

「ナビゲータ」ウィンドウのコンテキストメニュー

  • 開く オープン — 選択したファイルを編集のためにオープンします。同じ動作をマウスの左ボタンでダブルクリックするか「Enter」キーで行えます。
  • フォルダをオープン フォルダをオープン — 選択したフォルダあるいは選択したファイルを含むフォルダをエクスプローラでオープンします。
  • 新規作成 新規作成 — 「MQL4/MQL5ウィザード」でMQL4/MQL5プログラムを新規作成します。
  • フォルダ新規作成フォルダ新規作成 — カレントディレクトリにフォルダを新規作成します。同じ動作を「Insert」ホットキーを押して行えます。
  • 名前の変更 名前の変更 — ファイルまたはフォルダの名前を変更します。同じ動作を「F2」ホットキーを押して行えます。
  • アンインストール 削除 — ファイルまたはフォルダを削除します。同じ動作を「Delete」ホットキーを押して行えます。
  • 更新 更新 — 「ナビゲータ」ウィンドウを更新します。ファイルまたはフォルダをサブフォルダへコピーした場合、その変更は自動的に「ナビゲータ」ウィンドウに表示されます。さらに、このコマンドを使用するか「F5」ホットキーを押して、手動でファイル構成を読み直すことができます。
  • compile_open_files_icon コンパイル — 選択したファイルをコンパイルします。フォルダーに対してこのコマンドを使用すると、その中にあるすべてのファイルがコンパイル対象となります。
  • すべてのファイルを表示 すべてのファイルを表示 — すべてのファイルを表示または非表示します。このオプションをオフすると、ソースコードファイル(*.MQ4, *.MQ5, *.MQH, *.CPP and *.H)とテキストファイル(*.TXT and *.CSV)のみ「ナビゲータ」ウィンドウに表示され、実行可能ファイルは表示されません。
  • MQL5ストレージの有効化MQL5ストレージの有効化 — このコマンドは、ソースコードのパーソナルストレージであるMQL5ストレージの使用をスタートさせます。
  • ストレージからのチェックアウト ストレージからチェックアウトする — ローカルフォルダを同じ名前のストレージにリンクします。このコマンドを実行すると、同じ名前のストレージフォルダの内容がローカルフォルダにダウンロードされます。
  • ストレージからの更新 ストレージからの更新 — ストレージから最新のデータリビジョンを受信します。
  • ストレージへのコミット ストレージへのコミット — 現在のデータ変更をストレージに送信します。
  • ファイルまたはフォルダの追加 ファイルまたはフォルダの追加 — ストレージにローカルフォルダまたはファイルを追加します。追加はローカルで実行されます。変更をストレージでも実行するには「Commit to Storage」コマンドを実行します。
  • ファイルまたはフォルダの削除 ファイルまたはフォルダの削除 — ストレージからフォルダまたはファイルを削除します。削除はローカルで実行されます(ファイルまたはフォルダは物理的に削除されます)。変更をストレージでも実行するには「Commit to Storage」コマンドを実行します。
  • バージョンの違い バージョンの違い — ストレージから受信した最新のリビジョンと比較したファイル内の現在の変更を表示します。
  • 変更を元に戻す 変更を元に戻す — ファイルのローカルコピーに加えられた変更を元に戻します。
  • ストレージログの表示 ストレージログの表示 — ストレージログを表示します。
  • プロパティ プロパティ — 選択したファイルやフォルダのプロパティ標準ダイアログを開きます。

Experts、Indicators、およびScriptsディレクトリで作成されたプロジェクトサブフォルダもサポートされます。クライアントターミナルの「ナビゲータ」ウィンドウで同様の構造が表示されます。ファイルは「ドラッグ&ドロップ」でフォルダ間を移動できます。

フォルダやファイルに対する外部での変更(削除、移動、その他)も「ナビゲータ」ウィンドウに表示されます。