MetaEditorヘルプ

他のIDEとの統合

他のIDEとの統合

MetaEditorでは、MQL4や MQL5以外のコードを記述することができます。 また、C++ のソースコードを編集してコンパイルすることもできます (サポートされる言語は今後増加します)。 さらに、MetaEditorを他の開発環境の外部コンパイラとして使用することもできます。

С++コードの編集およびDLLコンパイル

MQL4/MQL5でトレーディングプログラムを開発する場合、サードパーティの C++ dll を使用できます。 C++ソースコードファイル (CPP および H) は、MQ4、MQ5、MQH と同様に編集することができます。 DLL 内のファイルは、エディタから直接コンパイルすることもできます。 ユーザーの PC にインストールされている Microsoft Visual Studio も使用することができます。 コンパイルするには、C++ ファイルを開き、F7 キー (コンパイルコマンド) を押します。

C++ での DLL の操作

  • ユーザーの PC にインストールされている MS Visual Studio コンパイラは、C++ ソースコードのコンパイルに使用されます。 MS Visual Studio 2008 以降 (Express およびコミュニティバージョンを含む) がサポートされています。
  • MS Visual Studio バージョン (32 または64ビット) は、MetaEditorバージョンと一致する必要があります。

MetaEditorは、エクスポートされた DLL 関数を MQL4/MQL5ファイルに追加する関数も提供します。 [ナビゲータ] ウィンドウから、開いている MQ4、MQ5、または MQH ファイルにDLL ファイルをドラッグするだけです。

DLL から関数をインポートする

他の開発環境で MQL プログラムをコンパイルする

MetaEditor実行可能ファイルは、外部エディタでソースコードを操作するときにコンパイラとして使用できます。 コンパイラは、コンパイルするファイルのパスと名前を指定して、コマンドラインから起動します。

  • metaeditor.exe /compile:"<full path to the source file>"
  • metaeditor64.exe /compile:"<ソースファイルへのフルパス>"

サンプル

"C:\Program Files\TradingPlatform\metaeditor64.exe" /compile:"C:\Program Files\TradingPlatform\MQL5\Scripts\myscript.mq5"

ディレクトリ内のファイルの大量コンパイル

大量にコンパイルする場合は、ファイルではなくフォルダへのパスを設定します。 指定されたフォルダ内のすべてのソースコードファイルがコンパイルされます。 サブフォルダは含まれません。

ソースファイルに適切なコンパイル済みのバージョンがある場合、再コンパイルは実行されません。

次の例では、\MQL5\Scripts フォルダの一括コンパイルを表示します。

サンプル

"C:\Program Files\TradingPlatform\metaeditor64.exe" /compile:"C:\Program Files\TradingPlatform\MQL5\Scripts"

インクルードファイルを含むカスタム MQL5/MQL4フォルダ

プログラムには、インクルードファイル (* mqh) とリソースファイル (* .bmp, * .wav, *. ex4, * ex5) があり、現在のプラットフォームのタスクディレクトリの外にあります (たとえば、同じコンピュータ上の別のプラットフォームコピーの MQL5フォルダにあります)。 コンパイルには "/include" キーを使用して、このフォルダへのパスを指定します。 コンパイル時に、ファイルは次のように検索されます。

  • Include files: [specified directory]\include\[path from #include<...>]
  • Resource files: [specified directory]\[path from #resource "..."]

サンプル

"C:\Program Files\TradingPlatform\metaeditor64.exe" /compile:"C:\Program Files\TradingPlatform\MQL5\Scripts" /include:"C:\Program Files\TradingPlatform 2\MQL5"

コンパイルログ

コンパイルプロセスの詳細については、追加の/log キーを指定します。 この場合、 <source file name>.log コンパイルログファイルは、ソースファイルを含むフォルダに作成されます。

サンプル

"C:\Program Files\TradingPlatform\metaeditor64.exe" /compile:"C:\Program Files\TradingPlatform\MQL5\Scripts\myscript.mq5" /log
Log file: C:\Program Files\TradingPlatform\MQL5\Script\myscript.log

構文チェック

コンパイルせずにプログラムの構文を確認するには、コマンドラインから/s および/log キーを使用してMetaEditorを起動します (チェックの結果がログファイルに表示されるようにします)。

サンプル

"C:\Program Files\TradingPlatform\metaeditor64.exe" /compile:"C:\Program Files\TradingPlatform\MQL5\Scripts\myscript.mq5" /s /log
確認結果のファイル: C:\Program Files\TradingPlatform\MQL5\Script\myscript.log