MetaEditorヘルプ

ホットキー

ホットキー

ホットキー (キーショートカット) は、メニューやコントロールパネルを使用せずにコマンドをすばやく実行できるようにするキーとその組み合わせです。 キーボードショートカットは、現在アクティブなMetaEditorインターフェイスのウィンドウに応じて、さまざまな実行をします。 一部のショートカットは、フォーカスに関係なく、特定の実行をします。

キーボードショートカットコード編集ウィンドウ

ホットキー

記述

Ctrl+Z

直前の操作を元に戻す。

Ctrl+Y

最後に取り消したアクションをやり直す。

Ctrl+X

選択したフラグメントを切り取り、後で貼り付けます。

Ctrl+C

選択したフラグメントをクリップボードにコピーします。

Ctrl+V

切り取りまたはコピーしたフラグメントを現在のカーソルポジションに貼り付けます。

アンインストール

選択したフラグメントを削除します。

Ctrl+A

編集したファイルのすべてのテキストを選択します。

Ctrl+F

検索ウィンドウを呼び出します。

F3

現在の検索クエリの次の項目を検索します。

Shift+F3

現在の検索クエリの前の項目を検索します。

Ctrl+H

[検索と置換] ウィンドウを呼び出します。

Ctrl+F2

有効/無効ブックマーク選択した行の現在の状態に関係なく。

F2

次のブックマークに移動します。

Shift+F2

前のブックマークに移動します。

Ctrl+Shift+F2

現在のファイルからすべてのブックマークを削除します。

Ctrl+Space

リストを呼び出すプログラムコードを記述するときの置換に使用できる関数名のオプション。 名前のバリアントは、最初にエントリーされた文字によって決まります。

Ctrl+Shift+Space

サインを表示する現在の関数: 関数で設定されたパラメータの順序と型、および現在の編集済みパラメータを強調表示します。

F8

次に行くerrorまたはコード内で検出されたアラートコンパイル.

Shift+F8

前のページへerrorまたはコード内で検出されたアラートコンパイル.

Alt+G

移動選択した関数または変数の宣言または定義に移動。

Alt+M

すべての関数の一覧現在のプログラムコードで宣言されています。

Ctrl+'

"// "各選択した行の先頭にコメントします。

Ctrl+;

"// "選択した各行の先頭からのコメントの削除。

Ctrl+/

単一行を挿入コメント指定されたポジションへのシンボル。

Ctrl+.

関数のワークピースを挿入するコメントを指定したポジションに移動します。

Ctrl+,

現在編集されているファイルのコードを配置するためスタイラーを起動

Ctrl+0-9

名前を設定するブックマーク.

Alt+0-9

名前の付いたブックマークに移動します。

Ctrl +-または

Alt + 左矢印

カーソルが置かれた前の行に移動します。 現在開かれているファイル内でのみ可能です。

Ctrl + Shift +-または

Alt + 右矢印

前の行から次に戻ります。 現在開かれているファイル内でのみ可能です。

Tab

選択した行の先頭に3つのスペース (タブシンボル) を挿入します。

Tab+Shift

選択した行の先頭に3つのスペース (タブシンボル) を削除します。

Ctrl+Shift+U

選択した語句の文字を大文字に変更します。

Ctrl+U

選択した語句を小文字に変更します。

Ctrl+Tab

以前開いていたコード編集ウィンドウに切り替えます。

Ctrl+Shift+Tab

次に開いているコード編集ウィンドウに切り替えます。

デバッグのためのホットキー

ホットキー

記述

F5

開始デバッグ現在選択されているプログラム。

ブレイク

デバッグを一時ストップします。

Shift+F5

デバッグをストップします。

F11

ステップイン: 呼び出された関数にアクセスするプログラムの実行の1つのステップを移動します。

F10

ステップオーバー: 呼び出された関数にアクセスせずにプログラムの実行の1つのステップを移動します。

Shift+F11

ステップアウト: コールスタックによってプログラムの1つのレベルを一段高く実行します。

F9

現在の状態に応じて、現在の行のブレークポイントを有効または無効にします。

Shift+F9

プログラムコードで強調表示された式を観察に追加します。

一般的なMetaEditorコマンド

ホットキー

記述

Ctrl+N

MQL4/MQL5ウィザードを開く.

Ctrl+O

ファイルを開きます。

Ctrl+S

現在編集されているファイルの変更を保存します。

Ctrl+F4

現在編集中のファイルを閉じます。

F7

現在編集されているファイルのコンパイル

Ctrl+F7

編集用に現在開いているすべてのファイルをコンパイルします。

Ctrl+Break

コンパイルをキャンセルします。

Ctrl+P

現在のファイルPrintウィンドウを開きます。

Ctrl+Shift+F

ウィンドウを開くファイル内での検索.

Ctrl+D

[表示/非表示]ナビゲータウィンドウ。

Ctrl+T

[表示/非表示]ツールボックスウィンドウ。

F4

トレーディングプラットフォームに切り替えます。

F1

MetaEditor参照を開きます。

Ctrl+F1

検索MQL4コミュニティ/MQL5コミュニティウェブサイト。

F12

全画面表示モードを有効/無効にします。

[ナビゲータ] ウィンドウのホットキー

ホットキー

記述

Enter

選択したファイルを開きます。

Insert

現在選択されているフォルダを作成します。

F2

選択したファイルまたはフォルダの名前を変更します。

アンインストール

選択したファイルまたはフォルダを削除します。

F5

ナビゲータウィンドウを更新します。

[ツールボックス] ウィンドウのホットキー

ホットキー

記述

Enter

[検出された行に移動する]errorまたは要素のファイルから検索、選択したビュー記事またはMQL4/MQL5プログラム.

Ctrl+C

エラー行をクリップボードにコピーします。

F2

で観察された式の名前を編集するDebug[観測] セクションのタブ。

Insert

Debug[観測] セクションのタブ。に新しい式を追加する

アンインストール

Debug[観測] セクションのタブ。で選択した式を削除するDebug[観測] セクションのタブ。

D

選択した MQL4/MQL5プログラムをライブラリからダウンロードする.

R

表示/非表示記事のカテゴリ.

G

グリッド区切りフィールドの表示/非表示を切り替えます。

A

列サイズの自動選択を有効または無効にします。

S

エラータブ。のメッセージの自動スクロールを有効または無効にする