MetaEditorヘルプ

インクルードコードの生成

インクルードファイルの生成

MetaEditorは、現在のファイルのエクスポートされた関数からインクルードファイル (* mqh) を生成するため機能があります。 ソースコードを公開することなく、他のユーザーが自分の関数にアクセスできるようにすることが容易になります。 これを行うには、生成された mqh ファイルと、関数が実装されている閉じた EX4/EX5 ファイルを提供します。

生成プロセス

MQ4/MQ5 ファイルを開く、mqh ファイルの生成ツールでインクルードファイルを生成する mqh ファイルは次のように生成されます。

  • 現在開いているファイルには、すべての関数が含まれています。エクスポートポスト修飾子。
  • インクルードファイルを#importディレクティブと検出された関数の説明が生成されます。
  • エクスポート関数が見つからない場合は、適切なメッセージが表示されます。
  • ソースファイルが/Libraries フォルダにある場合、#import ディレクティブのモジュール名には/Libraries ディレクトリからの相対パスがあります。 ファイルが別のディレクトリにある場合は、EX4/EX5 ファイルの名前だけが #import に置き換えられます。

現在のファイルがインクルード 1 (*.mqh) の場合、生成コマンドは機能しません。

生成パス

mqh ファイルが作成されるディレクトリは、ソースファイルの場所によって異なります。

  • 現在のファイルが/Libraries ディレクトリまたはそのサブディレクトリの1つにある場合、インクルードファイルは/Include フォルダに直接生成されます。
  • ソースファイルが他のディレクトリにある場合は、同じ場所にインクルードファイルが生成されます。