MetaTrader 5のヘルプ

先物

先物はデリバティブ商品です。これは2当事者間の金融契約で、一方の当事者に所定の将来の日における商品または金融製品の受け渡しを義務付け、もう一方の当事者に将来の時点でのそれのためへの所定の価格の支払いを義務付けるものです。商品または契約の対象である金融資産は原資産と呼ばれています。

先物契約は、必ずしも資産の買売を目的とするものではありません。ほとんどの場合、市場参加者は、先物の一貫した購入及び売却(またはその逆)の価格差から利益を得ます。この場合、契約は、独立した金融製品になって取引対象から切り離されます。

原資産と納期の名前は、 取引銘柄プロパティでも先物名に示されています。

原資産と納期

ここでは、納期が2015年3月に設定されたガスプロム株式先物契約を見ることができます。

先物契約の原資産の納期は、株式市場で標準化されています。例えば、今年の第2、3、及び第4半期での原資産の受け渡しを約する契約が第1半期で結ばれ、今年の第 3、4半期及び翌年の第1半期での原資産の受け渡しを約する契約が第2半期で結ばれます。

交換は異なる納期、実行されたトランザクションの数量とポジション数のの契約の決済価格のデータを毎日提供します。データのレビューには「気配値表示」で望まれた金融製品を選択して詳細タブに移ります。

契約データの詳細

契約決済

資産が即時の調達と支払いのために取引されている直物市場とは異なり、先物市場では、すべての最終的な決済は原資産の配達日に行われます。それまでに契約価格が上がった場合、買い手はそれを売って、価格差から利益を受けます(買いについても同様です)。

契約のデフォルトからの保護のために、エクスチェンジがトレーダの口座に存在しなければならない資金の量を定義します。これらの資金は、パフォーマンスボンドまたは証拠金と呼ばれています。証拠金には2種類あります。

  • 当初 — 注文を出すのに必要な資金
  • 維持 — ポジションがある限り維持されなければいけない証拠金

証拠金計算の詳細はこちらの説明をご覧ください。

各取引日の結果に続いて、エクスチェンジがクリアセッション中に計算(クリア)価格を決定します。そしてこの価格がすべてのポジション決済に使われます。ポジションの始値と終値の差に基づいて、取引日の利益/損失がトレーダのバランスに/から追加/引き落としされます。つまり、変動証拠金が支払いされます。変動証拠金の請求取引は「履歴」タブに表示されます。コメントには「variation margin close(変動証拠金の決済)」が表示されます。

変動証拠金の支払い

変動証拠金が請求されると、ポジションが再び開かれます。その始値は前のセッションの終値です。コメントには「variation margin open(変動証拠金の始値)」が表示されます。