MetaTrader 5のヘルプ

フィボナッチアーク

フィボナッチアークは下記のように構造されます。初めに、2つの極点、例えば、底から天井へトレンドラインが構造されます。その後、2番目の極点を中心に、38.2、50、及び61.8パーセントのフィボナッチレベルでトレンドラインを交差する3つのアークが構造されます。

フィボナッチアークは、潜在的に支持と抵抗レベルを表すと考えられます。フィボナッチアークとフィボナッチファンは通常チャートで一緒にプロットされ、支持/抵抗レベルはそれらの交差点で決定されます。

アークは円周の一部であってその形態が常に同じなため、アークと価格曲線の交点はチャートのスケールに応じて変更することには留意すべきです。

描画

フィボナッチアークを描画するには、オブジェクトを選択し、チャートでの始点を定義し、マウスボタンを押しながら2番目の極点に向かってトレンドラインを描画します。始点からの時間軸と価格軸に沿った距離及び始点を通して1:1 スケールで引かれた水平線からの斜線を示す追加的なパラメータが、終点の近くに表示されます。

フィボナッチアーク

コントロール

トレンドラインにはマウスで移動出来る3つの点があります。1番目及び3番目の点は、線の長さと方向を変更するのに使用されます。2番目の点は、大きさと方向を変更せずにフィボナッチアークを移動するのに使用されます。

パラメータ

フィボナッチアークの構造には設定が変更出来ます。その他に、このオブジェクトには下記のパラメータがあります。

パラメータ

  • 日付/値 — トレンドラインの始点の座標(価格軸の日付/値)
  • 日付/値 — トレンドラインの終点の座標(価格軸の日付/値)
  • スケール — より小さいアークの半径のより大きな半径への比。小半径は価格軸、大半径は時間軸に沿って測られます。このパラメータはバーあたりのピップ数の比率を設定します。
  • 楕円形 — このフィールドがチェックされている場合、フィボナッチアークは同一のアークで閉じられ、楕円形が構築されます。

オブジェクトに共通なパラメータは別のセクションで説明されています。