MetaTrader 5のヘルプ

アンドリューズピッチフォーク

アンドリューズピッチフォークは3本の平行なトレンドラインで成り立っています。このツールは博士アラン・アンドリュースによって開発されました。アンドリュース'ピッチフォークの解釈は標準的な支持と抵抗の解釈の規則に基づいています。最初のトレンドラインは、選択された左端の点(重要な天井または底)から始まり、右端の2つの点の等間隔の真ん中に描画されます。この線がピッチフォークの「柄」です。そして、上記の右端の点(重要な天井と底)からでた2、3番目のトレンドラインが最初のトレンドラインと平行に描画されます。これらの線がピッチフォークの「歯」です。シグナル線は、ピッチフォークの「歯」に平行に描画されます。これらは、フィボナッチ数に比例した距離で描画されます。ピッチフォークの正中線(「柄」の継続)と「歯」の間の距離。

描画

ピッチフォークを描画するには、オブジェクトを選択して、マウスの左ボタンでチャート内をクリックして「柄」の始点を描画し始めます。その後に「柄」の2番目の点を描画し、マウスボタンを押しながらカーソルを移動して希望される距離でピッチフォークの「歯」とシグナル線を描写します。追加的なパラメータはカーソルの近くに3対の数として表示されます。最初のペアは「柄」の 先頭を示します。1番目の数はオブジェクトの初期ポイントであるため常にゼロに等しく、2番目の数は「歯」間の距離を示します。2、3番目のペアは「歯」から「柄」の開始点への時間軸及び価格軸に沿った距離を示します。

アンドリューズピッチフォーク

コントロール

「柄」の開始点の移動は「歯」の方向のみを変更します。「柄」の2番目の点は大きさを変更せずにアンドリューズピッチフォークをチャート内で移動するのに使用されます。「歯」の開始点はそれぞれの歯の位置を変更します。1つの点が移動しても後1つの点は移動されません。

パラメータ

アンドリューズピッチフォークレベル設定(シグナル線)。その他に、ピッチフォーには下記のパラメータがあります。

パラメータ

  • 日付/値 — アンドリューズピッチフォークの「柄」の始点の座標(価格軸の日付/値)
  • 日付/値 — アンドリューズピッチフォークの下の「歯」の点(下のピボットポイント)の座標(価格軸の日付/値)
  • 日付/値 — アンドリューズピッチフォークの上の「歯」の点(上のピボットポイント)の座標(価格軸の日付/値)
  • 右に延長 — ピッチフォークの右側への無限延長
  • 左に延長 — ピッチフォークの左側への無限延長

オブジェクトに共通なパラメータは別のセクションで説明されています。