MetaTrader 5のヘルプ

チャンネル

「表示項目の追加」メニューの「オブジェクト→チャネル」、または 「ライン等」ツールバーの使用によって、様々な図形の価格チャートや指標チャートへの適用が可能です。プラットフォームでは下記のチャンネルが利用できます。

 

種類

説明

等距離チャンネル

等距離チャンネル

等距離チャンネルの線は常に平行です。描画には2つの点の設定が必要です。詳細を読む

標準偏差チャンネル

標準偏差チャンネル

標準偏差は、統計的手法に基づくボラティリティ測定の方法です。標準偏差はチャネル幅に影響します。描画には2つの点の設定が必要です。詳細を読む

回帰チャンネル

回帰チャンネル

回帰チャンネルは、利用可能なデータに基づいた将来の値の予測に使用される統計解析ツールです。トレンドが上昇している場合、論理的に次のバーが前のものより少し高ると仮定することができます。線形回帰法は、このような論理的な結論の統計的なデモを可能にします。描画には2つの点の設定が必要です。詳細を読む

アンドリューズピッチフォーク

アンドリューズピッチフォーク

このツールは3点上に描画されて平行なトレンドラインを示します。最初のトレンドラインは、選択された左端の点(重要な天井または底)から始まり、右端の2つの点の等間隔の真ん中に描画されます。この線がピッチフォークの「柄」です。そして、上記の右端の点(重要な天井と底)からでた2、3番目のトレンドラインが最初のトレンドラインと平行に描画されます。これらの線がピッチフォークの「歯」です。アンドリュース'ピッチフォークの解釈は標準的な支持と抵抗の解釈の規則に基づいています。詳細を読む