MetaTrader 5のヘルプ

チャートのオンライン公開

取引プラットフォームは強力なサービスを提供するMQL5.communityウェブサイトと連結されています。サービスの1つはMQL5チャートです。このサービスは取引プラットフォームのスクリーンショットのネットでの公開を可能にします。数回クリックするだけで、スクリーンショットを公開し、トレーダ仲間と共有したり人気のソーシャルネットワークの1つ(Facebook、Twitter、Google+ など)で投稿するリンクを受け取ることができます。

スクリーンショットの公開にはMQL5.communityアカウントは必要でありません。アカウントがプラットフォームの設定で指定されていない場合は、スクリーンショットが匿名で公開され、リンクが表示されます。

しかし、MQL5.communityアカウントを介した公開には明らかに多くの利点があります。つまり、画像の独自のギャラリーを作成してMQL5.communityプロファイルの「チャート」タブを経由して、管理することができます。

取引プラットフォームツールを使用してスクリーンショットを作成する方法

チャートのスクリーンショットを撮るには「画像として保存画像として保存」をそのコンテクストメニューでクリックします。

画像として保存

下記のオプションが利用できます。

  • 作業中のワークスペース — 取引プラットフォームのウィンドウ全体を保存します。
  • 作業中のチャート(可視範囲) — 作業中のチャートを現在のサイズで保存します。
  • 作業中のチャート — 作業中のチャートを指定された(ピクセルでの)サイズで保存します。
  • 画像をオンラインでMQL5チャートサービスにアップロードし、リンクを取得します。このオプションが無効の場合、チャートはユーザのPCに保存されます。OKをクリックすると標準的なファイル保存ウィンドウが開きます。このオプションが有効な場合、チャートはネット上のMQL5チャートサービスで保存されます。望まれた場合、下の空のフィールドに公開したいチャートのコメントを追加することも可能です。

MQL5チャートを使用したチャートのオンライン公開

取引プラットフォームのスクリーンショットをオンライン投稿するには、「画像をオンラインでMQL5チャートサービスにアップロードし、リンクを取得します。」オプションを選択します。公開された画像にはテキストコメントが追加できます。「OK」をクリックすると公開された画像を含む新しいブラウザウィンドウが開きます。

クライアント端末の公開されたスクリーンショット

下記のデータがチャート表示ウィンドウの最上部に追加されます。

  • 自動生成されたヘッダ — 現在のチャートの銘柄と期間、公開日時と取引サーバ名
  • Views(ビュー) — スクリーンショットビューの数
  • SNS投稿コマンド — VK、Facebook、Twitter、Google+、Evernote、Pinterest、LinkedIn、LiveJournal。ボタンをクリックすると適切なウェブリソースが開かれます。SNSの許可が既存する場合、スクリーンショットは即時公開されます。

次にスクリーンショットが表示されます。コメントは下に表示されます。公開過程でコメントが追加されなかった場合は、自動的に生成された現在のチャート銘柄と期間を示したキャプションが使われます。

最下部にはスクリーンショットの様々なリンクが表示されます。

  • Link to this page — スクリーンショットを表示するページへのリンク。
  • Image — 画像への直接リンク。
  • HTML — HTML ページソースコードに挿入できるリンク。
  • bbCode — 様々なウェブリソースやフォーラムで使用される bbCode マークアップ言語をサポートするエディタに挿入できるリンク

スクリーンショットの作成日付はウィンドウの最下部に表示されます。マウスカーソルをラインに向けるとdeleteボタンが表示されます。公開された画像はここで削除できます。

MQL5.communityプロファイルでのスクリーンショットギャラリー

プラットフォーム設定でMQL5.communityアカウントが指定された場合、公開された画像はアカウントと関連付けられます。全てのMQL5.communityプロファイルには「チャート」セクションがあり、公開された画像はすべてここに保存されます。

MQL5.communityユーザープロファイルの「チャート」セクション

画像サムネイルにクリックして表示します。「チャート」タブでは、画像ギャラリーの管理、また他のコミュニティーメンバーや SNS ユーザーとのスクリーンショットの共有が容易です。

スクリーンショットの公開にはMQL5.communityアカウントは必要でありません。アカウント情報が指定されなかった場合、スクリーンショットは匿名で公開されます。