MetaTrader 5のヘルプ

Williams' Percent Range(ウィリアムパーセントレンジ)

ウィリアムパーセントレンジ

ウィリアムパーセントレンジ(Williams’ Percent Range、%R)は、買われ過ぎ/売られ過ぎを測る動的な指標です。ウィリアムズ%Rはストキャスティクスに似ています。唯一の違いは、%Rのスケールは逆さまであり、ストキャスティクスは平滑化されるということです。

指標値が -80〜-100%の時は、売られ過ぎの状態を表します。0〜-20%の時は、買われ過ぎの状態を表します。指標に負の表示をさせるためには、負の設定値をあらかじめウィリアムズ %R に入れなければなりません(例:-30%)。分析の際にはマイナス符号は無視されます。

全ての買われ過ぎ/売られ過ぎの指標では、株価が実際に方向を変えるまで取引をしないのが最善です。例えば、買われ過ぎ/売られ過ぎの指標が買われ過ぎの状態を示した場合、株価が下降するまで決済を待つのが賢明です。

ウィリアムズ %Rの興味深い現象として、価格の潜在的な要因から反転を探知する驚異的な能力があります。多くの場合、この指標は、株価が天井と転換を形成する何日か前に、天井を形成し下落します。同様に、通常、株価が転換する数日前に、谷を形成しその後上昇します。

この指標の売買シグナルMQL5Wizardでエキスパートアドバイザーを作成してテストすることが出来ます。

Williams' Percent Range(ウィリアムパーセントレンジ)

計算

%Rの計算は下記のとおりで、ストキャスティクスオシレータ—の計算式とよく似ています。

%R = -(MAX (HIGH (i - n)) - CLOSE (i)) / (MAX (HIGH (i - n)) - MIN (LOW (i - n))) *100

ここで

CLOSE (i) — 当日の終値
MAX (HIGH (i - n)) — n期間における最大値
MIN (LOW (i - n)) — n期間における最小値 です。