MetaTrader 5のヘルプ

Relative Strength Index(相対力指数)

相対力指数(Relative Strength Index、RSI)は、0から100まで変化する価格追従型のオシレーターです。ワイルダーは RSIを利用する場合、14日を推奨していましたが、その後、9日と25日RSIが一般的になりました。RSIを分析する一般的な方法は、価格が新しい高値をつけたにも関わらず、RSIが前の高値よりも下がった時のダイバージェンスを見ることです。このダイバージェンスは転換の兆候でもあります。RSIが下に転換して直近の底よりも下がった時、「failure swing」を完了したと言われます。failure swingは、転換がもう少しで起こる兆候と考えられています。

下記が、チャート分析に RSIを使う方法です。

  • 天井と底
    RSIは、一般的に70以上を天井、30以下を底として考えます。RSIは、価格チャートをベースに、一般的にこのように天井と底を形成します。
  • チャートの波形
    RSIはしばしば、価格チャートには見えないようなヘッドアンドショルダーや三角形のような特定のチャートパターンを形成します。
  • Failure Swing(支持/抵抗のブレイク)
    これはRSIが1つ前の高値(天井)を超える場合、もしくは1つ前の安値(底)を超える場合です。
  • 支持/抵抗
    RSIは時として支持/抵抗を価格そのものよりもはっきりと表します。
  • ダイバージェンス
    上記でも説明したように、価格が高値(安値)をつけたにも関わらず、RSIが高値(安値)を更新しなかった場合、ダイバージェンスが起こります。価格は一般的に、RSIの方向に動きます。

この指標の売買シグナルMQL5Wizardでエキスパートアドバイザーを作成してテストすることが出来ます。

Relative Strength Index(相対力指数)

計算

下記がRSIの公式です。

RSI = 100 - (100 / (1 + U / D))

ここで

U — 価格変化のプラスの平均値
D — 価格変化のマイナスの平均値 です。