MetaTrader 5のヘルプ

MACD(移動平均収束拡散法)

移動平均収束拡散法(Moving Average Convergence/Divergence、MACD)はトレンドフォロー型指標です。それは、価格の2つの移動平均線の相関を表します。

MACDは、26期間と12期間の指数移動平均線(EMA)の差です。買いと売りの機会を明確に示すために、MACDチャート上にシグナル線(9期間移動平均線)が表示されます。

MACDはスイングトレードに最も効果的です。MACD には、クロスオーバー、買われ過ぎ/売られ過ぎ、ダイバージェンスの3つの代表的な方法があります。

クロスオーバー

基本的な MACDのトレード手法は、MACDがシグナル線よりも落ち込んだ時に売るというものです。同様に、MACDがシグナル線よりも上にきた時が買いのシグナルです。MACDが0ラインを上に交差した時に買い、下に交差した時に売る方法も有名です。

買われ過ぎ/売られ過ぎ

MACDは買われ過ぎ/売られ過ぎの指標としても有用です。短期移動平均線が長期移動平均線から急激に離れた時は(MACDが上がった時)、株価が過度に推移しているので、現実的な水準に戻る可能性があります。

ダイバージェンス

現在のトレンドの終わりの兆候は、MACDと株価がダイバージェンスする付近で起こります。 上昇ダイバージェンスは、MACDが新しい高値を形成したにも関わらず、価格が新しい高値に達しなかった時に発生します。下降ダイバージェンスは、MACDが新しい安値を形成したにも関わらず、価格が新しい安値に達しなかった時に発生します。これらのダイバージェンスは買われ過ぎ/売られ過ぎの水準にある時には、どちらも重要です。

この指標の売買シグナルMQL5Wizardでエキスパートアドバイザーを作成してテストすることが出来ます。

Moving Average Convergence/Divergence(移動平均収束発散)

計算

MACDは、12指数移動平均線から26指数移動平均線を引いて求められます。MACDのシグナル線である9単純移動平均線は、MACDに表示されます。

MACD = EMA(CLOSE,12) - EMA(CLOSE,26)

SIGNAL = SMA(MACD, 9)

ここで

EMA — 指数移動平均線
SMA — 単純移動平均線
SIGNAL — 指標のシグナル線 です。