MetaTrader 5のヘルプ

Bears Power(ベアパワー)

日々、トレードは価格を上げようとする買い手(ブル)と価格を下げようとする売り手(ベア)のぶつかり合いを表しています。誰かがトレードをすれば、その日の終値は前日の終値よりも高くなるか、安くなります。その日の中間結果である高値と安値によって、日中にどのようなぶつかり合いがあったのかを判断することができます。

ベアパワーバランスの変化でトレンドの初期変化を見ることが可能なので、このバランスを判断できるようにしておくことは非常に重要です。これは、Alexander Elder 著書「Trading for a Living: Psychology, Trading Tactics, Money Management」に記述されており、同氏によって開発されたベアパワーオシレーターを使うことによって解決できます。このオシレーターをたどる時、エルダーは次の前提に基づいています。

  • 移動平均線は、特定の期間における売り手と買い手の同意による価格です。
  • 安値は、その日のうちの最も強い売り手の力を表しています。

これらの前提に基づき、エルダーは、安値と13指数移動平均線の差としてベアパワー(Bears Power)を開発しました(LOW - EMA)。

使用法

この指標は、トレンド系の指標(一般的には移動平均線)と一緒に利用することが望ましいです。

  • トレンド系指標が上昇トレンドを指し示していて、ベアパワーが0よりも下で大きくなっている時は、買いシグナルです。
  • この場合、指標チャートの下部にダイバージェンスが形成されることが望ましいです。

この指標の売買シグナルMQL5Wizardでエキスパートアドバイザーを作成してテストすることが出来ます。

Bears Power(ベアパワー)

計算

この指標の計算の第一ステップは、指数移動平均線の計算です(一般的に13EMAが推奨されます)。

BEARS = LOW - EMA

ここで

BEARS — ベアパワー
LOW — 現在足の安値
EMA — 指数移動平均線 です。

下降トレンドでは、LOWはEMAよりも低くなります。そのため、ベアパワーは0よりも下になり、ヒストグラムも0ラインよりも下になります。価格が上昇している時に LOWがEMAよりも上がったら、ベアパワーは0よりも上になり、ヒストグラムも0ラインよりも上になります。