MetaTrader 5のヘルプ

Awesome Oscillator(オーサムオシレータ)

ビルウィリアムズのオーサムオシレータ(Awesome Oscillator、AO)は、 (H+L)/2のバーの中点を横切って構築された5期間単純移動平均から同様に構築された34期間の単純移動平均を減算したものです。これは、現時点で市場の原動力に何が起こっているのかをはっきり示します。

買いシグナル

「ソーサ—」はバーチャートが0より上にある事で、唯一の買シグナルです。下記を忘れてはなりません。

  • ソーサ—シグナルは、バーチャートが下向きから上向きに反転した場合にのみ発生します。2番目の列が最初の列より安く赤色で、3番目の列が2番目の列より高く緑色です。
  • ソーサ—シグナルの生成にはバーチャートには少なくとも3列が必要です。

ソーサ—シグナルの有効性は、全ての AOの列が 0より上にあることに依存することにご注意下さい。

「ゼロ線の交差」は値が負から正に転じた際に生成される買いシグナルです。これは、バーチャートが下から上に0ラインと交差した際に発生します。下記が言えます。

  • シグナルの生成には2列が必要です。
  • 1 列目は負で、2 列目は交差しなければなりません(負から正への変化)。
  • 買いシグナルと売りシグナルの同時生成は不可能です。

「2つの尖り」は0ラインより下で発生する唯一の買いシグナルです。このシグナルについては下記が言えます。

  • このシグナルは、0ラインより下に下向きの尖り(最低値)があり、それより値の高い(0ラインに近い)別の下向きの尖りが続く場合に生成されます。
  • この2つの尖りの間でバーチャートは0ラインより下にあります。バーチャートが0ラインより上にある場合、買いシグナルは無効です。しかし、「ゼロ線と交差」シグナルが生成されます。
  • バーチャートのそれぞれの新しい尖りは、以前の尖りよりも高い(0ラインにより近い)です。
  • より高い(0ラインにより近い)新しい尖りが更に形成され、バーチャートが0ラインを交差していない場合、更に買いシグナルが生成されます。

売りシグナル

売りシグナルと買いシグナルは同一です。ソーサ—シグナルは反転され、ゼロ未満です。「ゼロ線の交差」では1列目は0ラインの上で、2 列目が下です。「2つの尖り」シグナルも0ラインより上と、反転されています。

この指標の売買シグナルMQL5Wizardでエキスパートアドバイザーを作成してテストすることが出来ます。

Awesome Oscillator(オーサムオシレータ)

計算

AOは、 (H+L)/2のバーの中点を横切って構築された5期間単純移動平均から同様に構築された34期間の単純移動平均を減算したものです。

MEDIAN PRICE = (HIGH + LOW) /2

AO = SMA (MEDIAN PRICE, 5) - SMA (MEDIAN PRICE, 34)

ここで

MEDIAN PRICE — 中央値
HIGH — 足の高値
LOW — 足の安値
SMA — 単純移動平均 です。