MetaTrader 5のヘルプ

チャートの表示と設定

取引プラットフォームのチャートは一定期間にわたっての銘柄の相場の変化を視覚化します。チャートはエキスパートアドバイザーのテクニカル分析と操作に使用されています。トレーダは、チャートを使って、視覚的にリアルタイムで通貨の価格と株式を監視し、瞬時にマーケットの状況の変更に応答することができます。

取引プラットフォームでは一度に100チャートまでを開き、外見をカスタマイズして情報を表示し、様々なオブジェクトインディケーターを追加及び削除したりすることなどができます。

チャート:作成、表示、時間軸とスケールの設定

Chart: how to open, view, set timeframe and scale

チャートの作成

チャートは「気配値表示」でウィンドウで銘柄を選んでコンテクストメニューで「チャートウィンドウ」を選択することによって簡単に作成できます。また、チャートは、銘柄を「気配値表示」 ウィンドウから取引プラットフォームの任意のエリアにドラッグすることによっても作成できます。

もう一つの方法はファイルメニューの「新規チャート」コマンドを実行するかツールバーで適切なボタンをクリックすることです。

チャートの種類:破線、バーとローソク足

価格チャートはバー、日本製のローソク足、及び破線として表示できます。種類はツールバー上のコマンドで切り替えることができます。

図は3つの価格の種類を示します。

チャートの種類はチャートメニュ、チャートコンテクストメニュー、またはチャートプロパティ—から変更できます。

チャート時間枠の変更

時間枠とはチャートでの銘柄の相場の表示間隔です。これは1つのバーやローソク足に相当します。取引プラットフォームでは、1分から1ヶ月にわたる21のチャート時間枠を表示することができます。

時間枠は分析されるトレンドに従って選択されます。原則として、M1から M15の時間枠は、短期分析のために使用されています。中期時間枠は M30 〜 H4 で、これらは通常日計り商いに使用されます。長期時間枠では長期のトレンドを分析できます。

時間枠は特別の「Timeframes」ツールバーで切り替えることができます。

時間枠はまた「チャート設定」メニューやチャートコンテクストメニューでも変更できます。

チャートズーム

チャートのズームインやズームアウトには、ツールバーのボタンを使用します。

チャートスケールは Ctrl キーを押しながらマウスホイールを回すことで変更できます。

チャートは「気配値表示」 ウィンドウから銘柄をドラッグすることによって開けられます。既に開いているチャートにドラッグされた場合、新しい銘柄がそのチャートに追加され古い銘柄が削除されます。この場合、既存するチャートの設定はすべて新しいチャートに適応されます。金融製品をドラッグしながら Ctrlを長押しすると、インストール時に作成されたDEFAULT.TPL 定形チャートを使用した新しいチャートが別のウィンドウに開かれます。この定形チャートは削除はできませんが変更できます。

チャートの色の変更

チャートの外見はカスタマイズが可能で、要素の(非)表示や色の変更は自由自在です。プラットフォームでは3種類の基本配色が可能です。チャートプロパティーでは、基本配色を選択したりチャートのそれぞれの要素の色彩の設定したりができます。

チャートの色の変更

チャートプロパティ—を開くにはコンテクストメニューで「プロパティプロパティ」を開くかチャート設定メニューで同じことをします。

チャートの整理

取引プラットフォームで複数のチャートが開いている場合、整理は簡単です。ウィンドウメニューで、チャート整理のいずれかを選択します。

チャートの整理

定形チャートとプロファイルとは

定形チャートとプロファイルはチャート設定を保存して必要に応じて適応することができます。例として、通貨ペアの分析のために、レベルをマークする水平線が追加されたとします。レベルの保存には別の定形チャートを保存します。この場合、このチャートの適応によって、レベルが新しいチャート上で復元できます。

定形チャートは個々のチャートのパラメータの保存に使用されます。これらは、チャートの種類と色、基本配色、スケール、実行されるエキスパートアドバイザー、適応されたインディケーターと分析オブジェクトなどといった設定です。

プロファイルでは、すべての開かれているチャートの設定や整理法、つまりテクニカル分析のワークスペース全体を保存することができます。

プロファイルや定形チャートはツールバーで操作することができます。

定形チャートとプロファイル

これらはチャート設定メニュー、チャートコンテクストメニュー及びプラットフォームのステータスバーからもアクセス出来ます。

詳細は定形チャートとプロファイルをご覧ください。

チャート上で正確な値を表示する方法

チャート上で正確な価格、時刻やインディケーターの値を表示するにはクロスヘアとデータウィンドウを使用します。

「ライン等」ツールバーでクロスヘアを有効にすると、チャートのポイントの正確な値が縦横軸に表示されます。日付と時刻、バーのパラメータ、数量、スプレッド(選択バーの最大値)と同様に、インディケーター値などのチャート上の現在のカーソル位置についての詳細は、データウィンドウで使用できます。

チャート上での正確な値を表示

インディケーターは値がこのウィンドウで表示されるように設定できます(インディケータープロパティウィンドウの表示選択タブ)。

チャート作成機能

チャートが基づく履歴データは、ハードディスクに保存されています。チャートを開くとデータがディスクから読み込まれ最後の欠落しているデータは取引サーバからダウンロードされます。ハードディスクに銘柄の履歴データがない場合、直近の履歴から512バーがダウンロードされます。

更に古いデータをダウンロードするには、チャートを望まれたエリアに移動します。チャートが開かれると、プラットフォームは現在相場の情報を受信し始めます。よって、その後の価格変化はリアルタイムモードで表示されます。この情報は履歴ファイルに自動的に保存され、チャートが再び開かれた際に使用されます。

  • プラットフォーム設定では、「チャートの最大バー数」パラメータが設定できます。このパラメータはチャート上に表示される履歴データの量を制御します。
  • チャートの作成には売値が使用されます。銘柄の板情報が利用できる場合、チャートは直近価格(直近に実行された取引の価格)に基づきます。