MetaEditorヘルプ

デバッグ

このタブは、プログラムのデバッギングプロファイリングの一般的なパラメータを設定します。

デバッグ

ここではつぎのパラメータを設定します。

  • Use specified settings — プログラムデバッグとプロファイリングに指定した設定を使用するかしないかをオン/オフします。このケースでは、プログラムは指定した通貨ペアとチャート周期で実行されます。ヒストリーデータによるデバッグの間、これらのパラメータはビジュアルテストに使用されます。このオプションをオフすると、パラメータの編集はできなくなります。
  • 通貨ペア — プログラムのデバッグ/プロファイリングに使用する通貨ペアを指定します。
  • 周期 — プログラムデバッグとプロファイリングに使用するチャート周期です。
  • 日付 — プログラムを実行するヒストリーデータによるデバッグ期間を指定します。この期間でストラテジーテスターによるビジュアルテストは実行されます。
  • 約定 — ヒストリーデータによるデバッグに使用します。ビジュアルテストは選択したモードで実行されます。通常モードでは、すべてのオーダーは指値で約定され、再クォートなどはありません。「ランダム遅延」モードは、実際の相場に似たテスト条件を提供します。価格はオーダーが送信された瞬間からそれが約定するまでの間変更できます。オーダーに指定された価格誤差に基づいて現在の価格で約定するか(許容価格誤差の範囲内であれば)、または再クォートされます。詳細はクライアントターミナルユーザガイドを参照ください。
  • ティック生成モード — ヒストリーデータによるデバッグに使用します。詳細はクライアントターミナルユーザガイドを参照ください。
  • 全ティック — 最も正確、しかし最も時間の掛かるモードです。全てのティックをエミュレーションします。
  • 1分足 OHLC — このモードでは、1分足4値(始値、高値、安値、終値)のみ生成されます。
  • 始値 — OHLC値が生成されますが、始値のみテスト/最適化に使用されます。
  • デポジットとレバレッジ — ヒストリーデータでのデバッグに用いる初期デポジット額とレバレッジを指定します。

このタブで通貨ペアやチャート周期を指定しないと、気配値表示ウィンドウの最初の通貨ペアとH1周期がデバッグ/プロファイリングに使用されます。