MetaEditorヘルプ

デバッグ

「デバッグ」タブは、デバッグプロセスを実行中のときのみ表示されます。ウィンドウは2つの領域に分かれています。左側はコールスタックを表示し、右側は式の観察値を表示します。

デバッグ

コールスタックk

コールスタックはつぎに示す項目を表形式で表示します。

  • ファイル — コールされた関数のファイル名とパス
  • 関数 — 実行中のプログラムの現在のステージの関数名
  • — 実行したプログラムの停止行番号

ブレークポイントが全くなく、かつステップバイステップデバッギングコマンドを実行していない場合、左側ウィンドウには何も表示されません。コンテキストメニューのコマンドを使用して、項目間グリッド表示のオン/オフや、カラム自動整列のオン/オフを行えます。

式の観察

「デバッグ」ウィンドウの右側は、デバッグプロセス中に式の値観察に用います。つぎの項目を表示します。

  • — 観察式の名前
  • — 観察式の値
  • タイプ — 式のタイプ

式の値が定義されていないか、または現時点では算出されていない場合は、「不明な識別子」が対応するフィールドに表示されます。そのような式は、 Unknown identifierアイコンでマークされます。

このウィンドウで表示すべき式を追加するには、「Add Watchウォッチ追加」を用います。このコマンドは、ソースコード編集ウィンドウでコンテキストメニューの中にあります。

コンテキストメニュー

右側のウィンドウでは、つぎのコンテキストメニューを使用できます。

  • 編集 — 観察式の名前を編集します。同じ動作を「F2」ホットキーを押すか、式の名前フィールドをダブルクリックして行えます。
  • Add 追加 — 式を追加します。このボタンを押した途端、新しい行が表示されます。「式」フィールドには観察式の名前を入力します。式の追加を「Insert」ホットキーを押しても行えます。
  • Delete 削除 — 選択した式を削除します。同じ動作を「Delete」ホットキーを押して行えます。
  • Copy Value 値コピー — 式の値をクリップボードへコピーします。
  • グリッド — 項目間のグリッド表示をオン/オフします。同じ動作を「G」ホットキーを押して行えます。
  • 自動整列 — カラムサイズの自動調整をオン/オフします。同じ動作を「A」ホットキーを押して行えます。