MetaEditorヘルプ

カタログ構成

カタログ構成

MetaEditor環境では、MQL5/MQL4 言語でプログラミングしたすべてのファイルはクライアントターミナルの \MQL5(または \MQL4)フォルダに配置されます。このフォルダを開くには、「データフォルダを開くデータフォルダを開く」を「ファイル」メニューで選択します。MetaEditorのスタートモードによりますが、メインかまたはゲストかによって変数データのPCにおける配置場所が異なります。

\MQL5(\MQL4)フォルダには複数のサブフォルダがあり、ソースファイルのタイプによって振り分けられます。

ファイルとフォルダ

説明

\Experts

エキスパートアドバイザのソースコード(*.mq5、*.mqh、*.mq4)とコンパイル結果(*.ex5、*.ex4)が格納されます。

\Files

エキスパートアドバイザとスクリプトが使用するファイルが格納されます。

\Images

プログラムが使用する *.bmp 形式ファイルが格納されます。

\Include

様々なプログラムの *.mqh インクルードファイルが格納されます。

\Indicators

カスタムインディケータのソースコードファイルとコンパイル結果が格納されます。

\Libraries

MQL5/MQL4 ライブラリが格納されます。

\Logs

エキスパートアドバイザのジャーナル(yyyymmdd.log)が格納されます。このファイルは稼働日単位に生成され、名前はその日付に依存します(yyyy — 年、mm — 月、dd — 日)。

\Presets

このフォルダは、エキスパートアドバイザのパラメータセット(入力パラメータ)を格納します。

\Scripts

このフォルダにはスクリプトソースコードとそのコンパイル結果が格納されます。

experts.dat

エキスパートアドバイザのデータベースです。

QL4/MQL5ウィザードのテンプレートによって生成されたプログラムは、そのタイプに応じたフォルダに自動的に配置されます。